読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

要らない空家の実家・別荘地の無料相談・東京一番親切安心・不動産鑑定士飯田一無料相談03-3984-2333

相続で要らない別荘地・空家の実家・原野山林は固定資産税や管理費だけ掛かるので処分・処理したい無料相談安心親切の不動産鑑定士飯田一03-3984-2333

要らない別荘地・空家の実家・プロ不動産鑑定士の処理・処分無料相談・東京一番親切‥安心

無縁社会や独居老人での孤独死や事故死の遺品整理や特殊清掃は付き合いのない縁者・甥・姪・従兄弟の相続人や家族の依頼でお願いされます。だから誠心誠意お手伝いいたします。

 

ベルマン法務事務所

170-0002東京都豊島区巣鴨4丁目34番地5号リンクス巣鴨1F

TEL 03-6686-0023 FAX 03-5980-8190

 

 

 

東京一番親切親身 相続問題 遺産分割 相続税の本物の国家総合資格者 30年の経験 元家庭裁判所家事調停委員

事業承継開株専門公認会計士 税務鑑定専門不動産鑑定士

相続税専門税理士 相続登記専門司法書士

土地家屋調査士資格 宅地建物取引主任者資格 マンション管理主任者資格

飯田はじめ 東京地方裁判所民事調停委員推薦実績有り

 

30年の業界経験信用第一・信頼実現・誠意一番・誠実対応税理士・司法書士・家事調停委員の経験と税理士・司法書士で遺産分割の修羅場の現場体験から相続税から遺産分割・財産管理・遺品整理まで一括して相続円滑処理の達人・鉄人

独居老人や親戚縁者いない相続で普段の付き合いのない会ったこともない相続人の甥・姪・従兄弟の相続で、利害が纏まらない場合に、買う人が誰も居ない・使わない、買い手も誰もいない不要な売れない行ったこともない、相続で受け継ぎそうな高額な固定資産税・都市計画税・ベラボウな高額管理費だけ請求される荒れ放題の要らない相続した不要な廃墟・ゴミ屋敷・不動産・土地・スキー場のリゾートマンション・無道路地・接道義務を満たさない・質の悪い借地人・質の悪い借家人・利用価値ない借地権・底地・温泉権付きリゾートマンション別荘地 底地 貸地 無道路地 崖地 ごみ不動産の売却・処分・分離・譲渡・で分離・処分・隔離・処理・寄付困難・不要・市場やマーケットで売れない時価無い・価格の付かない・原野・池沼・山林・相続対節税東京一番本当の真実誠実税理士セコンドオピニオン信頼できる本物のプロ専門家アドバイスの無料法律専門家相談し解決いたします。

よくある依頼のお悩み事例

1.遠方田舎の景勝地・別荘地に退職引退後リタイア後に移住するつもりで購入した田舎の土地や建物は殆ど使ってないから雑草が生え害虫の巣となり土地は荒れ放題で、建物は人が済まないので傷むだけで維持管理・固定資産税・都市計画税や管理監督費用がかかる。周りの周辺の別荘地も建物も誰も使っていない様子で別荘地として廃れて寂れてしまい幾ら市場価格を安くしても売れない処分できない。キチンとメンテナンス管理しないのでら廃屋同然と成った。廃屋で自然倒壊や自然火災の危険リスクがあるので何とか分離処分隔離したい。周りには限界集落化して高齢者老人しかいない。病院や診療所・小売店もコンビニすらない。

2.投資としてリゾートマンションを今では高値で買ったが全く使わない。使うには1日の掃除が必要でリフレッシュできない。リゾートマンション管理費マンション修繕積立金温泉権施設利用料・固定資産税・都市計画税・水道代など請求だけ来る。重荷でしかない。何時でも好きなときに豪華なリゾートホテル・コテージに泊まったほうが安上がりで気楽に楽しめる。投資としてゾート会員権を購入したが、暴落し全く売れない。周りには限界集落化して高齢者老人しかいない。病院や診療所・小売店・商売店もコンビニすらない。

3.いやいや誰も引き取り手のないので長男で相続し押し付けられたた不要な過疎地・遠方田舎の土地・山林・原野・雑種地・実家の家屋・過疎地の土地や家屋を持っているが使う予定はまったくないし売ろうとしても買い手がなく全く値段が付かない。周辺の住民高齢者や老人ばかりで管理ができない。周りには限界集落化して高齢者老人しかいない。店もコンビニすらない。

4.農地を相続したが現地に行くことは出来ないし草が茂り雑草が生え放題で隣の農地・田・畑の所有者から害虫の隠れ場所になってしまうので早く除草してほしいとギャーギャー文句を言われている。しかし依頼してまでの除草も費用も維持しきれなくなっている。周りには限界集落化して高齢者老人しかいない。病院や診療所・小売店・日曜雑貨店もコンビニすらない。

5.投資として値上がりを狙い買った別荘地・原野・山林が暴落し道路の相続税路線価だけ高いが、水道や電気も引いていない。全く利用価値がないが面積が大きいので除草や草刈りなどの費用・固定資産税・都市計画税だけが負担が大きい。相続税路線価から高額な相続税が課税されるので心配だ

6.市役所・町役場・村役場に何とか寄付申し出して引き取って貰おうと依頼懇願相談したが、「寄付申し出は何件も依頼ある」のでと断られ拒否され引き取り手のない土地で高い固定資産税・都市計画税だけ請求が来る滞納・延滞している。別荘地の固定資産税を東京まで回収業者が請求に来て煩わしい事おびただしい。

7.売れない価値ない不要な別荘地・原野・山林・雑種地は固定資産税・都市計画税だけ掛かり産業廃棄物同然の価値ない土地不動産である。周りには限界集落化して高齢者老人しかいない。病院や診療所・小売店・日用雑貨店もコンビニすらない。必死で売ろうとしても誰も買い手のない土地不動産別荘地である。

8.使わない要らない不動産別荘地は、そのまま何もせずに漫然と所有し続けると高い固定資産税評価・相続税路線価での相続税の課税という形で遺族・相続人に迷惑だけかかる。物納すら出来ない。誰か信頼・信用できる国家資格者の専門家の相談相手はいないか

9.無道路地は袋地とも呼ばれるれ狭い私道や他人の敷地を通ってしか出入りできない土地のことで建築基準法43条において、「建物の敷地は建築基準法上の道路に2m以上接しなければならない」と規定されている。一切の建物の建築確認がおりないので建物が建たず著しい減価要因となる。宅地とは建物が建つ土地という意味なので宅地とは言えない土地である。財産評価基本通達の無道路地は1割しか減額されない。隣地の所有者が通路分の土地を所有者が譲ってくれる理由や期待はありません。現実の不動産取引市場において、無道路地は半値八掛け二割引きでも買われない。建物を立てないで家庭菜園や資材置き場等の接道要件を満たさなくても利用可能な用途しかない。相続税の財産評価基本通達とマーケット市場価格との乖離差が激しいのである。相続税評価額算出に係る財産評価基本通達の路線価評価で無道路地評価は、その土地の実態と遥かにかけ離れているので余計ないらない無道路地をどうすれば良いか悩んでいる

10.底地では財産評価基本通達で相続税路線価の3割から4割の評価ですが底地買取業者は地代から見て1割程度しか買わない。もし相続税路線価で4割で相続税路線価率50%なら2割の相続税路線価相当ですので、底地買取業者で1割ならマイナス1割で損をするので相続税の負担が大きい。相続の遺産分割で誰も欲しからない要らない不動産として相続人が押し付けあい揉める遺産分割協議となるので悩んでいる。相続放棄できるなら放棄したい。

11.要らない不動産土地は無料唯タダでもいいから買い手や貰い手が居ないか。不動産物件の所在地や瑕疵キズや固定資産税を払うだけで相続税から換金可能が全く無い不動産土地である。欲しくない不動産は貰い手や買い手は一目散に逃げていく。他の積極財産があるので相続放棄できなので仕方なしに相続人の長男で押し付けられた要らない不動産土地を相続で承継して貰った相続人は固定資産税が毎年課税されるので市役所町役場村役場に寄付の申し出をしますが固定資産税だけ欲しいので断られる。売り物にならない誰も欲しがらない産業廃棄物の様な不動産は誰も買い手も貰い手はいない。そんな売れない価値ない不動産を固定資産税評価して課税する役所も役所は売れそうだからといって課税するわけではない。利用状況など関係なしに安定した固定資産税税収入が欲しいだけ。固定資産税の課税に固定資産税を滞納して無視していても要らない不動産を公売しないのは売れないのは分かっている。他の動産や他の資産を競売にかける。固定資産税の課税や相続税リスク資産となってしまった不良不動産の始末は、なかなか素人には困難である。相続人の子孫が不良資産の要らない不動産の永久の迷惑や揉める遺産分割の原因ともなる

 

滞納処分について福生市HPから一部抜粋http://www.city.fussa.tokyo.jp/life/procedure/m1cpmb00000227uv.html

地方税法では、市税の滞納処分は、国税徴収法の規定の例によるとされています。 納期限内に納付がない方に対して、督促状や催告書、電話催告などにより自主納付を促していますが、それでも納税に誠意が見られない方には、税の公平性を保つために、やむを得ず滞納処分として財産調査を行ない、差押を執行します。【納期限を過ぎると】 納期限の翌日から延滞金が計算されます。(※) 延滞金についても財産調査・滞納処分の対象になります。

【督促および催告】 納期限までに納付が無い場合、まず最初に督促状が発送され、未納分を納めていただくよう督促します。地方税法では督促状を発した日から起算して10日を経過した日までに完納しないときは、財産を差し押さえなければならないとされています。(市町村民税…331条、固定資産税…373条、軽自動車税459条、国民健康保険税728条) 福生市では督促状を送付しても納付がない場合は、催告書を送付したり、電話による催告を行なう場合もあります。

【財産調査】 督促状を送付しても納付が無い場合は、滞納者の財産を発見するために、官公署・金融機関・勤務先・取引先・滞納者の財産を占有する第三者等に対して調査を行ないます。(対象財産:給与、預貯金、不動産、動産、自動車など) また、財産の発見、差押などの必要がある場合、滞納者やその関係者の住居を相手方の意思に関係なく捜索することができます。 これらの調査や捜索は、国税徴収法141条および第142条から147条の規定に基づき、滞納者に事前に了承を得ずに行なうことができます。

【財産差押】 財産調査で発見された滞納者の財産を差し押さえます。差押を行なった場合、滞納者やその財産の利害関係者(会社、金融機関、不動産の抵当権者など)に「差押通知書」を送付します。財産が不動産の場合、登記簿上に差押の登記がされます。差押の対象となった市税および納付日までの延滞金を全額納付すれば差押は解除になります。

【換価処分】 差押後も納付をいただけない場合、差し押さえた財産は、滞納者の意思にかかわらず、債権の取立てや公売により換価し滞納市税に充当します。

 

滞納処分の流れ滞納処分の流れ

※延滞金についての詳細は、下記のページの「延滞金の計算方法」もご覧ください。

延滞金の計算方法

 延滞金の計算方法は次のとおりです。(※)
・最初の1か月:延滞金=未納の本税額×延滞日数×2.9%÷365
2か月目以降:延滞金=未納の本税額×延滞日数×9.2%÷365
※本則では最初の1か月を7.3%、2か月目以降を14.6%で計算することとなっていますが、現在は特例が適用されているため特例の割合で計算しています。

 

本則

特例 

 参考
(平成26年中の特例の割合)

納期限後1か月以内

7.3

 特例基準割合+1

 2.9

納期限後2か月目以降

14.6

 特例基準割合+7.3

 9.2

特例基準割合=財務大臣が告示する割合(国内銀行の貸出約定平均金利の年平均)に1.0%を加算した割合。平成2410月から平成259月の貸出約定平均金利の年平均が0.9%のため、平成26年中の特例基準割合は1.9%となる。

滞納処分として財産調査や差押をされてしまうことは、社会的信用を失うことにもなりかねません。督促状や催告書がお手元に届いた場合はそのままにせず、すみやかに納付してください。 またやむを得ない理由で、一時的に税金を納期限内に納付することが困難な方については、「払えないから」と放置するのではなく、収納課にご相談ください。

故人と付き合いのない遠方の親族・甥・姪・再従姉妹・従兄弟の相続で不動産・マンション戸建てのゴミ屋敷買取・不動産訳あり物件買取・事故物件買取・トラブル物件買取購入・嫌悪売却困難物件買取購入を適正時価で売却し「本当に、ありがとうございました。」と言われるのが飯田のミッションで使命と考えています。

またご本人遺言者被相続人が子供や相続人に「固定資産税だけ課税で払うリゾートマンション別荘地」「田舎の不動産・山林・原野・雑種地・限界集落化の土地」を相続させたくないとご相談もありました。

長年、限界集落化・過疎化により田舎には人が住まなくなったゴミ屋敷や使われない不要な土地・田舎の要らない不要な使わない時価価格の付かない寂れたリゾート別荘地・リゾート投資マンション ゴルフ会員権 リゾート会員権 の需要はバブル崩壊後平成の時代のデフレで荒れ放題の産業廃棄物同然となり低迷したままです。荒れ放題の廃屋ゴミ屋敷で100坪の土地でもなかなか売れず売値を1万円まで下げで下げても売れません引き取り手のない別荘地・不動産土地があります。バブルの遺産みたいに廃屋状態のリゾート別荘地なら時価の資産価値は0円でマイナスです。

相続税評価額で高い評価が付きますが時価価格では売れません。他の相続財産があるので相続放棄出来ない引き取り手のないゴミ屋敷や土地を、プロの専門鉄人が円満円滑処理の達人

売れない不動産・土地  田舎の倍率地域・山林・原野・リゾート温泉権

広大地 借地権 底地 前面道路が2m未満の接道義務を満たさない土地 間口の狭い土地 傾斜地、がけ地、高低差がある土地 農地 山林 原野 未利用地 不整形な土地、特に袋地 市街化調整区域  高低差道路より低い又は高い土地 建築基準法の道路に面していない土地 土地区画整理事業地内の土地 区分地上権 高圧線下地都市計画道路予定地を含む土地 私道 無道路地 環境汚染土壌汚染を含む土地 借家人 小作権 通行地役権 空中地上権ある土地 高電線下・電波塔近く・風力発電低周波近く・鉄道の近隣騒音・鉄道振動地・工場騒音地 管理されない荒れ放題の別荘地 スキー場のリゾートマンション 

 

不動産の同族間親子間オーナー社長の取引で税務・評価・時価・節税に一番強いプロ專門税理士の現場体験があります。

不動産業は扱う金額も取引のモラル問題や不動産取引慣行も複雑で並みの税理士では後から否認額が出て危険リスクだけあります。

真のプロ税理士では予防税務・予防法務で税務否認リスク危険を極限まで低減し節税します。

 

いまは税理士が依頼者・納税者・顧客を探す時代では有りません。

過去は高度成長期でした。

依頼者・納税者・顧客が出来る税理士を必死で探す時代です。

勉強もしない経験だけ顔だけ効くとかフィーリングの税務立会では税務署の国税調査官に一撃で撃破されます。

僅かな判断ミスがトンデモナイ事態を引き起こします。

ありふれた並みの税理士は溢れています

 

真の不動産業に精通したプロの複合資格者と税務経験20年の税理士は殆ど居ません。

不動産業の專門税理士は、不動産に精通しています。

 

東京国税局の査察から脱税の成功率0%と失敗率100%で脱税が見つかった場合のダメージ損害の考察から巨額脱税はキャンブルでは必敗の作戦。

不動産業の專門税理士は、不動産に精通しています。