要らない空家の実家・別荘地の無料相談・東京一番親切安心・不動産鑑定士飯田一無料相談03-3984-2333

相続で要らない別荘地・空家の実家・原野山林は固定資産税や管理費だけ掛かるので処分・処理したい無料相談安心親切の不動産鑑定士飯田一03-3984-2333

シルバー高齢者の一番の悩み心配事の迷惑かけない相談できる専門家

 
 
 
 

2016年10月14日金曜日

シルバーの思いは迷惑を掛けないこと・要らない別荘地・実家空家も専門家へ東京一番親切安心・無料相談

 

シルバー高齢者の一番の悩み心配事の迷惑かけない相談できる専門家

 
 
ベルマン法務事務所
170-0002東京都豊島区巣鴨4丁目34番地5号リンクス巣鴨1F
TEL 03-6686-0023 FAX 03-5980-8190
 
 
 
東京一番親切親身 相続問題 遺産分割 相続税の本物の国家総合資格者 30年の経験 元家庭裁判所家事調停委員
事業承継開株専門公認会計士 税務鑑定専門不動産鑑定士
相続税専門税理士 相続登記専門司法書士
土地家屋調査士資格 宅地建物取引主任者資格 マンション管理主任者資格
飯田はじめ 東京地方裁判所民事調停委員推薦実績有り
シルバー高齢者の一番の悩みを解決アドバイスできる元自衛官税理士とは


今の高齢者の心配は墓じまい離壇とか相続や遺産分割協議など消極的なマイナス思考でなく
痴呆や介護の時に人様に迷惑掛けないようにしたいと願う積極的なプラス思考の考えです。
自衛官の飯田は、マイナスからプラスのサポートへ全力支援します。
また再びの青春としての連れ合いの婚活などでも子どもたちへ迷惑を掛けたくないなども有ります

老後の不安を大きく3つに分類して具体的な例示やマニュアルを遂行していきたいと思いますのでよろしくお願いします。
全ての不安を安心へ転換し健やかなイキイキとしたライフを提供サポートいたします。
何処よりも專門家でリーズナブルで一番の信頼で安心へ支援いたします。

またホームページもわかりやくして作成します。
ご支援お願いします。

1.老後の生活の不安
2.葬儀・お墓の不安
3.相続の不安
 
1.老後生活の不安 独居・面倒・痴呆・コミュニティ
① 生活費、年金などの収入面、老後破産の不安
② 医療費、入院費、保険などの医療費・保険料
③ 認知症、体の不自由、介護、後見人(自身への不安)
④ 地域コミュニケーション、安否確認(地域住民との密接度)
⑤ 配偶者が亡くなる、熟年離婚等による配偶者の必要(婚活など)
 
2. 葬儀・お墓の不安・不当な請求の対応の専門家
① 葬儀社選定・費用、見積もり(火葬、通夜、告別式等の必要性)
② 葬儀の方法(一般葬・密葬など)、事前準備
③ 宗派・お寺の選択
④ お墓の種類(公営・民営・寺院墓地、樹木葬、散骨、手元供養等)
⑤ 墓守等の問題(改葬、分骨、永代供養等)
 
3.相続の不安・揉めない遺産分割協議・遺言書
① 相続税・生前対策(遺言・贈与)の不安(いくら掛かるのか、節税できないか?)
② 自宅等の現物資産などの財産分割の不安
③ 争続・遺産分割トラブルの不安
④ 事業承継などの不安
⑤ 負債がある場合の不安(隠れ負債となる連帯保証人なども含む)

普通の税理士では失敗する間違いだらけの事業承継・相続対策・株式対策・従業員持株会・持株会社の事例から学ぶ二代目・三代目後継者の蹉跌から考察します。

後継者の息子などへ巨額の遺産や財産を渡すとタイの代理母の様な事が起こります。もし巨額財産が無ければ、このように世間を騒がす事はありません。

子孫に美田を残さずと言いますが生活を支援したいのが親の思いです。

相続税の節税で相続税対策や事業承継をすると失敗します。
順序は次の順番で行います。
1.事業承継・相続対策の心情・心理・覚悟
2.事業承継・相続対策の民法親族法・相続法・会社法・株式対策
3.相続税節税
逆の相続税節税から始めると歪みが出て事業承継・相続対策は100%完全に失敗します。
税理士やコンサルタント・不動産屋は相続税節税をバカの一つ覚えの如く脅かし文句で使います。しかし相続税など一番後です。こういう相続税節税の税理士やコンサルタント・不動産屋は、相続税対策しか出来ないからバカの一つ覚えで言うのです。しかしどれほど成功したか実例は公表無く、むしろ不動産の時価の暴落やアパート経営で環境悪化や資金繰り悪化で財産を無くした事例のほうが多く体験しています。

事業承継で持株会社・従業員持株会・黄金株・種類株式・無議決権株式など本体会社の事業悪化などで何の意味もない高いコンサルタント報酬を払っただけの例を見てきました。
オーナー社長の90歳引退まで今と同じ経済環境や会社の経営状態・経済環境・経営成績があると誰が予測出来るのでしょうか?
http://www.chika-data.com/
http://www.esri.go.jp/jp/others/kanko_sbubble/analysis_04_01.pdf
http://www5.cao.go.jp/keizai3/discussion-paper/dp032-z.pdf

だから相続税節税優先の今までの事業承継・相続対策は失敗で二代目・三代目が会社を無くす事例が後を断ちません。
遺産を狙い様々な詐欺師が近づいてきて食い散らかして行きます。

資格者30年の実務経験の中で、家庭裁判所の大金持ちの資産家の遺産分割事件で元家事調停委員・参与員の飯田は事業承継や相続の失敗と思われる事例を数多く家庭裁判所の遺産分割事件や相続対策の結末で体験し現場を見てきました。

いかにすればオーナー社長の後継者の、悲劇的という最悪の結末を迎え無いように事業承継・相続対策コンサルティングをするかを数多くの家事調停委員体験や相続対策の現場体験からアドバイス・コンサルティングしています。

反対に覚悟有る高潔なオーナー社長の成功した事業承継も見てきました。
藤田田さんの相続対策は見事でした。
「息子は1100円のハンバーガーを売れるはずない」とマクドナルドの後継者にも積極的な事業を禁止したと言います。
だから遺産総額は、約491億円をそのまま残しています。
おそらく民事信託で管理されて息子が放蕩しないような手筈をしているはずです。
長男の藤田元は株式会社藤田商店代表取締役社長・東京タワー蝋人形館館長。次男の藤田完は藤田商店代表取締役副社長として何もしない民事信託や遺言書をしているはずです。
マクドナルドの藤田田は子供に事業をさせず、上場時のキャピタルゲインの数百億の現金だけ守らせて行ったので今も「無事これ名馬」
藤田 田(ふじた でん、1926大正15年)3月13 - 2004平成16年)4月21)は、日本実業家大阪府大阪市東淀川区(現・淀川区)生まれ。輸入雑貨販売店「藤田商店」、「日本マクドナルド」、「日本トイザらス」創業者

2014081602:32代理母に子供1000人計画、光通信の重田光時氏とタイ報道 子供1000人の夢を語る
タイで15人の子供を代理出産で依頼した父親は、タイのメディア報道によれば光通信創業者子息の重田光時氏(24)とされている
もうこんな事が起これば無事に人生を終われるでしょうか?
これは事業承継・相続対策の失敗です。
お金を持つと様々な人が隙あればと声をかけてきます。
隙あらばとあの手この手で投資や事業の勧誘FAXや訪問営業が来ます
厳しい仕事や事業のオーナー社長は嘘を選別出来ますが、二代目三代目や
芸能人はちやほやされる現実でない仮装の世界に生きているのです。
始めから近づいてくるのは騙そうとする100%詐欺師です。
そういう詐欺師から儲け話が舞い込んで来たときに相談できる信頼できる専門家が近くに居ません。黒田官兵衛のような軍師が必要でしょう。


子供1000人の夢を語る
タイで15人の子供を代理出産で依頼した父親は、タイのメディア報道によれば光通信創業者子息の重田光時氏(24)とされているが、100人から1000人の子供が欲しいとタイの仲介者に語っていた。
   
http://sync.fout.jp/sync?xid=ninjahttp://sync.shinobi.jp/pub?ssp=admaxhttp://admax.socdm.com/rtb/sync?proto=admax&sspid=admaxhttp://bypass.ad-stir.com/push_sync?xid=admaxhttp://rs.adapf.com/ninjaadmax/csync?uid=c5beb265-35f9-450d-9468-a5ef9b45a013
「世界のために私ができる最善のことは、たくさん子供を残すことだ」と父親男性は語った。重田光時氏は、情報通信系商社「光通信」の創業者で代表取締役会長兼CEO、重田康光氏の息子。光時氏は3人兄弟の長男で、順番から言えば光通信グループの跡継ぎになるとみられている。光時氏個人の資産は70億円ほどだが、父の康光氏が保有する光通信の株価だけで185億円と報道されています。その他にも一体いくらの総資産が一族にあるのか、我々には計り知れません。親の康光氏から資産を多く相続する為の節税対策と言われていた
また幾らハーバード大へ留学してもこのように悲惨な事例があります。
「売家と唐様で書く三代目」--。この諺を地でいったのが衣服用、防虫剤「ミセスロイド」で知られる日用品メーカー白元(東京・台東区)の鎌田真社長(47)である。http://biz-journal.jp/2014/06/post_5094.html
真氏は創業者・鎌田泉氏の孫にあたるが、今回、粉飾決算が発覚して老舗企業を経営破綻させた白元529日、東京地裁民事再生法の適用を申請。負債総額は255億円(14331日時点)に上り、真氏は引責辞任し、61日付で取締役の間瀬和秀氏が社長代行となった。7月末までにスポンサーを決める。

さてオーナー社長へ飯田が言う言葉が有ります。
平成 24 年簡易生命表によると、男の平均寿命は 79.94 年、女の平均寿命は 86.41 年しかありません。
人生は限りが有ります。また子孫に美田を残すと最近の二代目三代目は殆ど没落し破滅しています。
子孫に美田を残さずと言いますが生活を支援したいのが親の思いです。
二代目・三代目が会社を無くす事例が後を断ちません。

ソニー・ホンダ・白元大王製紙・林原・光通信・・・
一体お金は誰のものでしょうか?次の物語が雄弁に語ります。
マタイ22:17-2『税金に納めるお金を見せなさい』。彼らがデナリオン銀貨を持って来ると、イエスは『これは、だれの肖像と銘か』と言われた。彼らは『皇帝のものです』と言った。すると、イエスは言われた『では、皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返しなさい』。

カエサルのものはカエサルに【カエサルの物はカエサルに】
新約聖書マタイ福音書二二章などにある言葉〕神に対する務めと世俗の支配者に対する務めとを共に行うべきであると教えたイエスの言葉。転じて,物事は本来あるべきところに戻すべきである,の意で用いられる。

お金は国家の物です。日本国家の信用があるからお金は価値有るのです。
ジンバブエ共和国でも国家破綻していません。

これで日本人は日本国に土地やお金や地位名誉が全て国家のものという理解が出来たはずです。
いくら何十億円を貯めて脱税しても日本国へ相続とかで何時か全て返すのです。
明治維新後誰が名門の家督を守れているでしょうか?
早く返せばペナルティが有りません。
儲かるのは才能や能力があるからです。大事なのはお金や土地などでなく才能や能力です。
だから脱税する理由の消極的理由(税務署は能力不足)と積極的理由(お金はそもそも国のもの)が分かれば納税して無事これ名馬の生活が良いはずです。

限界効用逓減の法則
一般的に、財の消費量が増えるにつれて、財の追加消費分(限界消費分)から得られる効用は次第に小さくなる、とする考え方
限界効用逓減の法則から幾ら貯めても儲かっても虚しいと成るのです


船場の商人は、男の子に跡を継がせません。店の番頭さん入婿して継がせるのです。

信託など組み合わせ最低限以上の生活を確保の提案などもします。

プロ不動産実務専門税理士に依頼するメリット・強み・良いこと・得すること
1.  一番修羅場の資産家の遺産分割現場体験が多い家庭裁判所の家事調停委員を税理士・不動産鑑定士として貴重な現場を見て体験し処理し失敗の原因を見てきました。
2.  事業承継・相続対策の現場で資産家の二代目三代目の後継者の情けない姿を赤裸々に見てきました。一方オーナー社長の高潔な態度で後継者として違う分野で成功している事例も見てきました。日本で一番事業承継・相続対策の結末の現場体験があります。
3.  各専門家へそれぞれ依頼すると高く付く上に問題の統一的解決が計れないが飯田は不動産・相続に必要な国家資格と経験があります。余分な手数料は発生しません。
4.  国家資格の税理士・不動産鑑定士・認定司法書士宅地建物取引主任者に加え家事調停委員・参与員の遺産分割の現場経験で積み上げた日本で一番の最適解の唯一の問題解決ノウハウを提供できます。
5.  依頼すると一番の良いこと職人としての飯田の直接の不動産・相続コンサルティングを受けられることです。
6.  依頼すると得することは、どんな困難な案件でも逃げずに真正面から全力奉仕する職人に出会えることです。
7.  得られる効果はどのように解決や改善が出来るか明確という事です。結論が見えます。
8.  原因と結果の因果関係を如何に多く体験し結果から帰納できるのは遺産分割の修羅場現場の体験経験があるからです。
9.  一般の普通の記帳代行サービスの税理士では専門性やキャリア経験が有りません。目が痛いなら目の専門医に行きます。税金はその前提の不動産実務や相続実務がある結果です。不動産実務や相続実務を知らないでどうして有用性ある効果の有る節税コンサルティングが出来るのでしょうか?
10.飯田は相続実務のキャリア経験が家事調停委員・参与員に加え不動産実務として税理士・不動産鑑定士宅地建物取引主任者土地家屋調査士という全ての不動産国家資格を獲得し経験があります。他の追随を許しません。
勉強もしない経験だけ顔だけ効くとかフィーリングの実務経験もない税務立会では税務署の国税調査官に一撃で撃破されます。

こういう激動の次代です。良い東大卒の学歴が意味ないという前兆です
僅かな判断ミスがトンデモナイ事態を引き起こします。
ありふれた並みのヤブ素人税理士は溢れています。
プロ専門家税理士は1%も居ません。大半が記帳代行サービスをしています。

相続貧乏にはならない!相続税対策に失敗しない方法? - 尾藤 克之 抜粋
そこで、ファイナンシャルプランナーの小山信康氏(以下、小山氏)に、相続税に関する注意点について聞いた。
「不動産業者や金融機関にとって、相続税の改正は稼ぐチャンスなんです。相続税対策は粗利の良い商売ですから、広告にもお金をかけることができます。雑誌で相続に関する特集が組まれれば、広告がビッシリ埋まっていますよ。情報の需要が少なくても、供給が多ければニュースになりますから」(小山氏)
相続税の支払いで貧乏になると過激なことを言う人もいますが、それは考えられません。今回、相続税最高税率55%に引き上げられましたが、累進課税であることや各種の特例を考えると、半分以上の財産を相続税で支払うことになるのは、ほんの一握りの人たちでしょう。納税によって財産が減ることはあっても、貧乏になることまでは考えにくいです」(小山氏)
バブル期に財産を失ったのは、相続税対策に失敗した人たちです。過剰に不動産を購入するなどして、課税評価額の引き下げを狙ったのですが、それらの投資に失敗して、せっかくの財産を失うことになったのです。怖いのは相続税そのものよりも、相続税対策の失敗なんです。対策は長期的な視点で、焦らずに行うことが大切です」(小山氏)
相続税対策は実行より計画を立てるほうが先のはず。税理士等の専門家を活用して、相続税額を試算するところから始めてみても良いだろう。
尾藤克之 経営コンサルタント

真の事業承継・相続対策・不動産に精通したプロの複合資格者